自立訓練事業所 アミーゴ荘


<アミーゴの活動理念>

生活支援・心理的サポートと牧場作業を機能的に融合させた支援を行い、個々の利用者の社会的自立を促進すると共に、利用者に限らず地域社会に住むすべての人にとっても住みやすい町づくりに貢献する。

 

<障害福祉サービスの内容>

①宿泊型自立訓練 定員20名
②自立訓練(生活訓練)定員20名
③短期入所 空床型 
④相談支援 (計画相談)
※茨城県精神障害者支援事業者協会会員

 

<職員体制>

施設長  小林 誠
サービス管理責任者 1名
精神保健福祉士 2名(常勤)
生活支援員等 7名(常勤3名、非常勤4名)

 

<沿  革>

1979年(昭和54年)  袋田病院の裏山で黒毛和牛を地域の畜産農家の方々より指導を受けて1頭から飼い始める。
1980年代        粉川克己、前理事長がアミーゴ牧場を患者さんと共に創り、ログハウスで一緒に生活しながら、牧場作業を通じて社会復帰活動を始める。
1989年(平成元年)   精神障害者生活訓練施設(援護寮)として入所型施設(定員20名)を開設
2002年(平成14年)  ショートステイ2名認可
2011年(平成23年)  東日本大震災にて被災し、社会福祉施設等災害復旧補助金を受けて施設を再建 障害者自立支援基盤整備事業を活用し、訓練管理棟を増築
2012年(平成24年)  障害者自立支援法へ移行し、宿泊型自立訓練、自立訓練(生活訓練)短期入所(空床型)事業所として認可され活動開始
2013年(平成25年)  相談支援(計画相談)事業所として認可
2015年(平成27年)  福祉・介護職員処遇改善加算実施
2018年(平成30年7月)精神障害者地域移行特別加算 算定





 

<アミーゴ荘の紹介>

「精神科病院を退院するが、自宅に戻るのはまだ自信がない」 「自宅で生活しているが、家族との折り合いが悪いので良くしたい」 「自立して一人暮らしをするための準備をしたい」など、それぞれの利用目的があると思います。病気や障害を持ちながらも、自らの課題と向き合い、時には失敗することもあるかもしれません。私たちはそれぞれの利用者の自立に向けて寄り添い支援いたします。
利用期間は原則2年です。また個別の事情に応じた短期入所(ショートステイ)の利用も随時受け付けております。入所型同様に、各プログラムへの参加が可能です。
また当事業所では、利用者様一人ひとりに担当のソーシャルワーカーが付き、生活の相談、悩みや病気に関する相談、お薬の飲み方、家族調整、受診同行、退所後の住まい探しなどをサポートさせて頂きます。

ご利用に当たっては、以下の「アミーゴ荘利用者のルール」をご一読の上ご利用ください。
アミーゴ荘利用者のルール

<面談の様子>


<SST風景>
希望に応じてSST(社会生活技能訓練)や調理教室などの自立訓練プログラムに加え、併設のアミーゴ牧場での作業参加、石鹸アート創作を通して、心身両面へのアプローチを行います。





<石鹸アート>

<手作り石鹸1>




<手作り石鹸2>


<お部屋の様子>
お部屋は全室洋室個室・エアコン完備・ベッドあり(寝具一式貸与)・充分な収納スペースがあり・女性専用ルーム、エリア整備・夜間宿直体制ありとなっており、安心できる環境が整っております。


<寮内の様子>
廊下の向こう側に、木の格子戸の向こう側は、女性利用者さん専用のお部屋とスペー スになっています。職員以外の男性は入ることが出来ないルールとなっています。 洗濯機や物干し場、ゴミを捨てる場所も女性専用があります。


<防災講和の様子>
アミーゴ荘では、年間2回大子町消防署より、防災専門の職員さんにお越しいただき、避難訓練および防災講和を行っています。




<ご利用までの流れ>

(1)当事業所へのご連絡

・限られたスタッフで対応しておりますので、突然来所いただきますと十分にお話しをお聞きしたり、ご説明が出来ないため、まずはお電話やメールにてご一報いただけますと非常に助かります。

(2)来所相談
・ご予約いただいたお時間にお越しいただき、見学および面談をさせていただき利用に際してのご説明をさせていただきます。まだ、ご利用を決めておられなかったり、迷っておられる場合には、見学だけでもお気軽にお越しください。

(3)体験利用
・ご利用を希望される場合には、体験利用をしていただくこととなっています。それぞれの状況に応じて体験利用の日数を設定いたします。長い間入院されておられたり、社会生活から遠ざかっておられた方には、慎重に体験利用を繰り返して、無理や危険の無いように進めていきます。
・体験利用の前には、安全によりよい利用を進めるために、主治医の先生より“診療情報提供書”を頂いたり、治療中の医療機関の担当者より、書面および口頭で利用される方の情報をいただくこととなりますので、あらかじめご了承願います。
・診療情報提供書は、以下よりダウンロードしてご利用いただけます。
診療情報提供書(表) ※診療情報提供書(裏)
・以下から必要書類がダウンロードできます。
体験利用契約書(アミーゴ荘)

(4)障害福祉サービス利用申請(市区町村)
・アミーゴ荘は障害者総合支援法における障害福祉サービス事業所であるため、お住いの市区町村の障害福祉担当窓口において、“障害福祉サービス受給者証”の交付を受ける必要があります。
・障害福祉サービス受給者証の交付を受けるにあたり、市区町村の障害福祉担当窓口で申請してもらうサービスの種類は、①宿泊型自立訓練 + ②自立訓練(生活訓練)となります。
・市区町村の窓口での手続きは、ご希望により当方で十分にサポートさせていただくことが可能ですので、ご安心いただいて結構です。
障害福祉サービス受給者証(例)

(5)利用契約
・体験利用を経て、入所利用が決定した場合には、“利用契約”を書面で取り交わすこととなります。原則的には身元保証人が必要となりますが、もし単身等で身元保証人となる方がおられない場合でも、当事業所が認めた場合は身元保証人がいなくても利用が可能となります。(成年後見制度の利用も推奨しています。)
・以下から必要書類がダウンロードできます。
自立訓練(生活訓練)運営規定 ※重要事項説明書(アミーゴ荘) ※利用契約書(アミーゴ荘) 
 
(6)利用開始
・利用契約が済んだら、それぞれの自立へ向けての生活課題に取り組んでいきましょう。

(ご本人様、ご家族様の皆様へ)

アミーゴ荘のホームページをご覧頂きありがとうございます。また数ある事業所の中でアミーゴ荘に興味をもって下さり重ねて感謝申し上げます。 アミーゴ荘のご利用を検討されている場合ですが、まずは〝主治医〟の先生にご相談いただき、利用に際してのご意見を伺ってみてください。ご本人様の現在の情況が、病気や障がいの治療上、アミーゴ荘のような障害福祉サービスの利用が好ましくない場合やタイミングがあります。このような場合、私たちがご本人様の利用をお引受けすることで、治療の妨げになることは避ける必要がありますので、ご注意いただけましたらと考えます。
 また長い間入院をなさっていたり、ご自宅などから外に出られなかった方にとってアミーゴ荘を利用することは、とても大きな環境変化であり、ご負担も多いことと思われます。そのためまずはご見学やご相談に無理のない範囲でおいで頂き、それぞれの利用の方法を一緒に考えさせて頂けましたらと思います。短期入所(ショートステイ)を1泊から始める方もおられますので、焦らず進めて行きましょう。


(医療機関、相談支援事業所、障害福祉サービス事業所のスタッフの皆様へ)

アミーゴ荘のホームページをご覧いただきありがとうございます。
またご本人のことを真剣に考え、いつも丁寧にアミーゴ荘へ利用者さんをお繋ぎ頂き、また繋いで頂いた後も、一緒にフォロー頂いていること感謝申し上げます。
ご利用を検討され、お問合せ頂いた際にお部屋の空きが無くご期待に添えないこともあり大変申し訳ありません。
しかしながら、宿泊型自立訓練事業所の性格上、利用年限が2年となっているため順次空床が発生いたします。また、退所時期が重なって複数の退所者が一度に発生することも年間を通じてあるため、お急ぎの場合はご期待に添えないこともあるかもしれませんが、少しお待ちいただけましたら、調整させていただきご利用に繋がるケースもございます。ご担当の患者さんや利用者さんのタイミングで、まずはご連絡頂けましたら幸いです。
また、障害福祉サービス受給者証の取得を行うのに必要な〝サービス利用計画〟の作成が必須となっております。利用者さんの利用したいタイミングでアミーゴ荘を利用できるようお住まいの市町村の相談支援事業所等で計画作成を行ってもらうことが望ましいとは思われますが、相談支援事業所の選定でお困りの際にも、ご相談いただけましたと存じます。

<アミーゴ荘の標準タイムスケジュール>

8:00   朝食
・施設としての起床時間はありません。それぞれの利用者が予定をスタッフと共に決めて規則性をもった生活を目指します。

9:30   朝のミーティング
・気分・体調・今日の予定をそれぞれ確認し合います。自分の一日の生活の流れを意識して生活します。

9:45   各種活動プログラム
・ミーティング後に、それぞれの活動プログラムへ参加します。牧場作業、デイケア、支援センター等への活動に参加して生活のリズムづくりを行います。

12:00  昼食
            ~お昼休み~

・通所就労支援事業所の利用者やスタッフと一緒に昼食をとります。さまざまな経験をもった利用者の皆さんが沢山いるため、交流できて入所利用を終えた後の将来イメージが出来ます。

13:30  昼のミーティング
・午前中あったことの振り返りや午後の打ち合わせ、連絡事項の確認を行います。

13:45  各種活動プログラム

17:30  夕食
            ~自由時間~

・入浴時間は16:30~23:00までとなっています。
・利用者同士で交流することで楽しい夜を過ごしながら、同じ課題を抱えている仲間づくりができます。

 23:00 消灯
・消灯時間までには就前薬を服用後お休みいただきますが、それぞれの睡眠のペースに合わせて就床しお休みいただきます。早寝早起きを推奨しています。
・必ずしも23:00まで起きている必要はありません。


<週間スケジュール>

*メンバーミーティング(毎週金曜16:00~)
・寮内生活をよりよくするためのミーティングです。お掃除当番やレクリエーション、行事などのこと入所者とスタッフで話し合う場です。ミーティングを通じて対人関係上の課題をクリアするための技術や知識を試すことにより、自ら成長することが出来ます。

*寮内清掃(毎週土曜、9:45~11:00)
・自立生活を行う上でお掃除は大切な生活の一部分です。汚れて散らかった場所では、気が滅入ってしまい気持ちも前向きになりませんし、病気や障害も良い方向に向かえないと考えます。アミーゴ荘ではお掃除の時間を最も大切にしています。メンバーミーティングで念入りに話合い担当の箇所を決めて、1週間責任をもって清掃を担当します。
・リネン交換(寝具のカバー交換)もお掃除と一緒に行っていただきます。

*買い物ツアー(毎週土曜、13:30~15:30)
・自立生活を営む上で、最も大切なことのひとつは、“限られたお金を上手く使うこと”です。みんなで車に乗って町中のスーパーマーケットやドラックストア、コンビニ、ホームセンターなどに買いものに出かけます。買物は楽しいものですが、自分が生活する上で必要なものを選んで購入することは、病気や障害を抱えながら生活していくためには重要な側面を担っています。

*社会生活技能訓練(S.S.T)(隔週水曜日PM)
・アミーゴ荘では、SSTを実施しています。参加者がその日練習したいと思うテーマを出し合い、日常生活を送る上で苦手な場面の練習をみんなで行い克服したり、参加者の体験を共有することにより、参加者がよりよい日常生活を送る学びの場となっています。

*日曜日・祝日は、ミーティングと活動は、原則的にはお休みとなります。


<食事について>

・朝・昼・夕食は原則的に給食を食べることが出来ます。
・前もってひと月分を注文して、都合により追加したり、キャンセルすることもできます。
・障害者総合支援法における、食事提供体制加算を算定しています。
・料金は朝食160円、昼食276円、夕食220円です。(税別額)
・管理栄養士が作成する献立による食事が提供されます。お正月、ひな祭り、七夕、クリスマスなど季節の行事がある時は季節感にあった“行事食”が提供されます。
・年に1回“お寿司の日”と題して、板前さんが握ったお寿司を提供いたします。 (ノロウィルス流行などにより中止となる場合あります)
・利用される方の状況に応じて“治療食”を提供することもできます。
・自分で料理して、食事を作って食べることもできます。(食費は実費負担)
・調理実習で学んだレシピを実践していくことを推奨しています。

管理栄養士による食事講座

食事(例)


<服薬について>

・主治医の先生から処方されたお薬が自ら主体的に服薬していけるように指導いたします。
・自分の治療のために飲んでいく薬です。自分の体の状態を正確に主治医の先生にお伝えし、自分の体に合った薬を処方していただくためには、受診の際にどのように主治医の先生とお話しすることが必要となるかを指導いたします。
・服薬管理BOXを使用し、飲み忘れがない服薬習慣を自然に身に着けられるように指導いたします。また服薬の方法、時間の設定など、それぞれの利用者に合った服薬の形をスタッフと一緒に考えて行きます。
服薬管理BOX(例)


<利用料金について>

それぞれ利用される方の“収入”に応じて、障害福祉サービス利用にあたっての利用料金が、お住いの市町村で設定されるため、利用料金に差が出ます。

Ex1. 障害年金2級で障害福祉サービス受給者証の利用上限額が0円の方の場合は、1か月の利用料金は、3食の食事代金含めて、概ね30,000円となります。生活保護を受給されておられる方についても同様となります。 (利用日数や市町村の給付内容によって変化する場合があります。)
(内 訳)
・光熱水費および消耗品費  230円/日 ×31日(利用日数)=7,130円 ①
・寝具貸与代(リース代)  66円/日 ×31日(利用日数)=2,046円 ②
・食事代   708円(3食税込) × 31日 = 21,948円 ③
① + ② + ③ = 31,124円(利用日数や食事総数によって若干の違いがあります。)

Ex2. 障害福祉サービス受給者証において利用上限額が9,300円(市町村民税課税世帯所得割16万円未満)で、食事提供体制加算が(有)の方の場合は、概ね40,000円となります。
(内 訳)
・光熱水費および消耗品費 230円 ×31日(利用日数)= 7,130円 ①
・寝具貸与(リース代) 66円/日 × 31日(利用日数)= 2,046円 ②
・障害福祉サービス利用上限額  9,300円 ③
・食事代  708円(3食税込)× 31日 = 21,948円 ④
① + ②+③ +④= 40,424円
※やむを得ない事情により、町外の医療機関をスタッフが公用車を利用して付き添って受診する場合の交通費として、16円/km(往復)をご負担いただく場合があります。


<協力医療機関について>

協力医療機関は「袋田病院」となっています。徒歩5分ほどの場所にあります。具合が悪くなった場合には受診同行いたします。
他院に通院されておられる方でも、夜間・休日に病状が悪化した場合には、緊急一時的に治療を受けることもできます。
また、精神科以外の治療が必要な場合にも町内の医療機関と連携して治療のサポートを致します。
※利用中に、身体的な病気の治療に関しては、町内の一般病院(4病院)にて治療し、必要に応じてスタッフが付き添って支援します。

FB


<体験利用の際の持ち物について>

保険証、印鑑、服用中のお薬、着替え(下着類含む)
上履き(サンダル・スリッパ等)・洗面用具・入浴用具(シャンプー、石鹸等)
タオル類、カップ等、洗濯用洗剤・ハンガー類、お小遣い、その他必要なもの

(その他持ち物について)
上記以外にも、「こんなもの持って行ってもいいのかな?」と思われている場合は、遠慮なくご連絡いただけましたらありがたいです。原則的に危険を伴わないものであれば構いませんが、個別に話し合いすすめたいと思います。

(作業参加を希望される場合)
長靴、手袋、帽子、汗拭きタオル、汚れてもよい上着(長袖、長ズボン)


<短期入所 (ショートステイ)について>

アミーゴ荘では、宿泊型自立訓練の空室を利用して、短期入所(ショートステイ)を行っています。※空床がない場合には短期入所はお受けできません。

〇こんな場合に利用が出来ます。
① 家族との関係が上手くいっておらず、負担を抱えているため環境を変えてゆっくり自分を取り戻したいと考えている。
② 自宅に籠って生活していることが続いているが、少しずつ外に出て、自立を考えている。
③ 普段、面倒を見てくれている家族が、何らかの事情(冠婚葬祭、旅行、事故、病気等)で一時的に面倒が見られなくなった。
④ 自立生活のために、宿泊型自立訓練に入所して本格的に自立を考えているが、いきなりは難しいため少しずつ慣らしていきたいと思っている。
⑤ アミーゴ牧場で働きたいが、自宅から遠いため短期入所を利用して、働いてみたい。
⑥ 袋田病院のデイケアを利用して、リハビリや芸術活動に参加したいが、自宅から遠いため短期入所を利用しながら利用したい。

〇利用の手順
① お住いの市町村、障害福祉サービス担当にて、障害福祉サービス受給者証を発行してもらい「短期入所」の認定を受けて下さい。 ※介護給付サービスとなりますので、お住まいの市町村で「支援区分認定」を受ける必要があります。認定のための必要な手順を踏み、「障害支援区分認定審査会」の審査を経た後に、支援区分が決定されるため、認定には1~2か月くらいお時間がかかることがあります。
② 当事業所のご見学をいただいた後に、主治医の先生より「診療情報提供書(アミーゴ様式)」をご記入いただき、利用される方の現況をお知らせいただき、利用可能かどうかの判断をさせていただきます。
③ 事前に利用期間を打ち合わせして、利用契約を結んで利用開始となります。
〇利用料金 ① 光熱水費および消耗品費として230円/日かかります。
② 障害福祉サービス利用費 ※障害福祉サービス受給者証の利用上限額まで
③ 食事代は朝食160円、昼食276円、夕食220円(税別)です。

Ex. 利用上限額が0円の方が7日間利用すると
・光熱水費および消耗品費  230円/日 × 7日 =1,610円 ①
・食事代  708円(3食税込) ×7日 = 4,956円 ②
① + ② = 6,566円 ※概ね6,500円くらい利用料金がかかります。

・以下から必要書類がダウンロードできます。
アミーゴ荘短期入所規定 ※アミーゴ荘短期入所重要事項説明書 ※アミーゴ荘短期利用契約書
 

<レクの様子>

<大子町の名刹永源寺(もみじ寺)参拝>
毎年紅葉の時期になると、NHKのニュースなどに取り上げられて、びっくりするほ どたくさんの観光客が訪れます。普段は人が少ない大子町ですが、町は活気づきます。
<大子町の名所、裏見の滝にて>
大子町は日本三大名瀑「袋田の滝」で有名でありますが、実は隠れた名所として「裏 見の滝」があります。滝の裏側に入って滝を見ることが出来ます。最近は、「滝行」を行う方も増えてきているようです。また、もみじ苑というとてもおいしいお蕎麦屋さんがあります。

<海レク(阿字ヶ浦海岸)>
茨城県北にある大子町の方々は海と言えば阿字ヶ浦に行く方が多いようです。アミーゴは山の中にある事業所ですので、海にレクで出かけるのは皆さん楽しみです。みんな童心にかえって波と戯れながら少しずつリラックスし、利用者さん同士の関係も深まるようです。


<スタッフ紹介>

施設長 精神保健福祉士・社会福祉士 小林 誠

一般社会や家族関係において、その障害特性から“生きづらさ”を感じておられる利用者さんにとって、アミーゴは安心感・安全感を提供できるオアシスのような場や存在でありたいと思っています。
それぞれの自立へむけて卒業していった利用者さんが、ふと電話をしてきてくれたり、訪問されて「わたし今、こんな生活をしてます。」と報告してくれる時などは、スタッフとしてこの上ない幸せを感じます。
また、利用者だけでなく、スタッフも利用者の皆さんとの関わりの中に、人生における大切な気づきをもらえ、利用者の皆さんと一緒に成長させてもらっていると感じています。なので私もたくさん成長させてもらっています。
アミーゴは東京、水戸、宇都宮などの都市部の事業所ではありません。わたしたちの活動する大子町は急速に過疎・高齢化が進む町であり、地域資源が乏しい地域です。
  しかしながら、必ずしも十分ではない環境であればこそできる地域精神保健福祉活動をスタッフ一同、創造的に行っております。
また、アミーゴ荘では、精神保健福祉士をはじめとする国家資格を有するのに必要な現場実習を積極的に受け入れを行っています。活動にご興味をもっていただけましたら、ご連絡いただけましたら幸いです。
日本精神保健福祉士協会(正会員)、茨城県精神保健福祉士会(会員)、栃木県精神保健福祉士会(会員)
(研修等)
・精神保健福祉士実習指導者講習会修了
・障害者相談支援従事者研修修了
・サービス管理責任者研修(知的・ 精神)分野修了
・サービス管理責任者研修(就労)分野修了
・障害程度区分認定調査員研修修了
・ストレステスト実施者養成研修修了
(経歴)
・大子町障害者介護給付等審査会委員(H18年~H29年まで)
・大子町介護認定審査会委員(H19年~H29年まで)
・大子町自立支援協議会委員(H21年~H30年まで)


副施設長 藤田 和久

私は、施設及び会計全般を担当しております。アミーゴ荘では、施設長を始め、四人の精神保健福祉士が主となり、個々の「利用者が目標とする生活」に向けての支援をしています。
精神の障害とともに生活されている方が、地域生活を営む上で必要な、生活能力の維持・向上を目指すための訓練プログラム(金銭管理・服薬管理の練習・調理実習など家事能力向上・SSTなど対人関係能力向上・入居者の交流・親睦等を目的に外出等のレクリエーション)に宿泊等を通して共同生活をしながら日常生活訓練をすすめています。
又、当法人では、普段在宅で生活されている方が、一時的に休養を必要とする場合に、当事業所内で宿泊できる短期入所(ショートステイ)事業も行っております。共同生活をしながら、自身と経験を積み重ねて、自分なりの「暮らし方」を探していく場所にご利用して頂ければ嬉しい限りです。


精神保健福祉士 神保 奈美

アミーゴ荘のケースワーカーの神保です。以前はミナ・アミーゴの自然農法部門で3年間農業を通して就労支援を行っておりました。
アミーゴ荘では入荘された方の生活場面に寄り添いながら、1人ひとりの利用者様が目標として描く生活に少しでも近づけることを目指して支援しております。アミーゴ荘には原則2年という利用期限がありますが、休息のために短期間利用する事も出来る事業所です。その中で不安や悩みがあった時には解決できるように一緒に考え、様々な気づきを得て、利用者様と一緒に私たちも成長することが出来ればと思っております。
(研修・資格等)
・社会生活技能訓練(SST)(2017.7月修了)


社会福祉士 唐牛 渓(かろうじ けい)

『何事も経験は力なり』。アミーゴ荘で生活する中で様々な『経験』をし、その『経験』を自身の『力』にして、生きていくヒントを発見したり能力や知識を深められるよう支援させて頂いております。
利用者さん一人ひとりと丁寧な関わりを持つことを心がけ、ご縁がありアミーゴ荘に入所された利用者さんが、自分らしく生き生きと安心して生活が送れるようサポートをさせて頂きたいと思っております。皆さんとの出会いに感謝します。
(研修・資格等)
・精神障害者地域生活支援従事者基礎研修修了


<お問い合わせ先>
住所 〒319-3521 茨城県久慈郡大子町北田気1142
電話 0295-72-2380
eメール mina-amigo@fukuroda-hp.jp
担当 神保(精神保健福祉士)