精神科医師

<勤務形態>
常勤または非常勤

<給与>
常勤年棒 1200万~1800万 
経験優遇いたします

<メッセージ>

院長

人間にとって「仕事」とは何か、「働く」とはどういうことか、最近よく考えさせられる。
この数年間、企業でボロボロになりながら働いてうつ病になった人を診る機会が増えた。「過重労働」と呼ばれる過酷な労働環境が、神経系の疲弊をもたらし様々な症状が現れる。眠れない、食べられない、だけではない。その人の存在価値を揺さぶり、家庭にも深刻な影を落とす。
うつ病になった父親が死なせてくれと家を出て行こうとするのを小さな子どもと妻が必死で止める。(もちろん人がうつ病になるのは単に仕事の量の問題ではない。そうであれば私もとっくになっているだろう。また病は、必ずしも否定的なものではなく、危機的、破壊的状況をもたらしながらも同時に創造への契機をはらんでいる。)

その一方で「社会的引きこもり」から今や「ニート」と呼ばれる、働こうとしない、あるいは働くことができない若者が社会問題になっている。
仕事って大変なんだよ、生活していくためには少々嫌なことがあっても我慢しなければいけないんだよ、とは教えてくれても、人間的成長や生きがいを与えてくれるものとは教えてくれなくなった大人に代わって、あるいは教えられなくても気づき感じとる能力を持たない多くの若者に、新しい仕事の考えやスタイルを示して見せたかに思えたあのホリエモンも、今や若者たちにはどのように映っているのか。どの業界の人と話しても、新人社員君たちの仕事への態度に『今の若い人たちは』とオヤジ世代のため息交じりの困惑と諦めが聞こえてくる。
いつの時代も大人にとって若者は新人類だろう。若者を嘆く大人の構図は今に始まったことではない。
古い世代の価値観を否定し新しい価値観を作ってきたのは若者である。しかし今起きている若者の「仕事」をめぐる情況は、「過重労働」のような人間疎外の労働様態にNoとは言っても、そこに新しい価値の萌芽は潜んでいるのだろうか。

長い年月をかけて完成のない高みまで技量を追求していくいわば職人の世界は、多くの若者にとっては魅力を失い、就職したばかりの若者が、『この仕事は自分に向いていないと思うんです』と躊躇なく決めつけ、『何が本当に自分に合った仕事なのかわかりません』と引きこもりながら呟く。
しかしこれは若者たちの問題に限局して済まされることなのだろうか。働く大人たちの口から、忍耐と愚痴と倦怠しか聞こえてこないならば、ゲームの中に人生のダイナミズムを見つけ感じようとする若者たちを誰が非難できるのだろう。

私は、働く人のうつ病も、ニートも、1日中パソコンの前で株価の変動を睨んで取引している若者も、問題の根源は同じようなところにあると考えている。
我々にとって働くことは、単に生活費を稼いで家族を養い家のローンを払うこと以外に、どのような意味や意義を持ちえるのか。
仕事はいつからどのようにして生きていくことや人間の豊かさと深みを考えさせてくれる場所ではなくなったのか。

既に障碍者の就労を促進することを大きな柱とした自立支援法が動き出している。
精神障碍者の「社会復帰」が謳われた時代から、精神医療従事者は復帰すべき社会の在り方、自らが働くことの意味を問うことを疎かにしてきた。しかし、今後もそれらが問われることなしに障碍者の就労やら自立やらが目指されるならば、それこそ我々の仕事は「虚業」ではないのか。

医療や福祉の大きな変革期にあって、実は問われているものは、障碍者であろうと非障碍者であろうと、我々はなぜ働くのか、人間にとって仕事とは何かということである。そこを考えることから始めなければいけないと考えている。

院長2

先日若い医学生二人がやって来た。県が行っている僻地の医師不足を解消するための試みのひとつとして、学生の間に僻地医療に触れてもらおうという主旨の体験学習の一環である。昨年は6人くらい来たが、今年は、県の奨学金をもらっている学生に連絡して、ようやく2人を確保するという不人気ぶり。迎える水群医師会も各病院忙しく、おまけに医師会自体の高齢化。学生なんぞの相手をしていられるかという雰囲気。最初から盛り上がらない。まあそれでもと気を取り直して、未来のお医者さんたちにとりあえず私の思いを話した。

困っている人を助けたいというごく素朴な思い、それは医師を志した原点のはず。そして医師不足で困っている地域はたくさんある。あなた方を必要としている場所は日本中たくさんある。地味で光のあたらない仕事かもしれないけれども、自分が必要とされ、何がしかの役に立てる。それは本来医師として求めた喜びではないのか。どこで働くか、それは意志より何かの縁で決まるかもしれない。私がそうであったように。それぞれが医師になってどこでどのような縁があるかは分からないが、その縁を感じてその土地で仕事をする。そんな生き方もある。そして地域医療の醍醐味は、縁あってお付き合いするようになった患者さん達と、時にはぶつかり時には共に喜びあいながら、“病”や“障碍”を超えて、人生の旅路を共に味わい深く生きること。 

医師になることは、実はそれだけで幸せなこと。現実は過酷な面もあるが、人のために直接的に役立つ仕事に就けて、しかも日本中どこへ行っても食ってはいけるということは、まずもってそれだけでも幸せなこと。自分が幸せと感じたならば、それを苦しんでいる人、困っている人たちに還元して欲しい。もちろん医師免許をとったからといって臨床医だけが道ではない。研究者や行政に入る道もある。向き不向き、才能、志向、様々な道にそれぞれの条件はあるだろう。それでも様々な場所で人々の幸せに貢献出来る可能性を医師は持っている。縁あって僻地で働くのもその幸せな道のひとつ。

そんな素朴な、当たり前の、小学生にでも話すような内容を多少説教じみたかもしれないが話した。それは、最近改めて医師に対してそんな素朴な考え方が、それほど当たり前ではないのだという思いを強める経験が続いているからかもしれない。医師不足で喘ぐ僻地に赴く医師の動機は、仁術ならぬ算術、利他ではなく自利、熱意ではなく駆け引きであったりする。特に最近は都会や一部の病院を除けば医師は完全に売り手市場。病院として到底割に合わないような高い年棒に加えて数々の優遇条件をふっかけてくることは珍しくない。たとえ運良く(?)確保したところで、何がしかお気に召さないことがあれば、あるいはさらに高い年棒を提示するところがあれば医師はさっさと辞めようとする。彼らの関心は、縁あって出会った病を抱えながら生きる患者さんでも、縁あって勤めることになった地域でもなく、ましては自分が勤める病院のためでもなく、そうであるかのような理屈は表面的に並び立てても、結局は自分の都合と利益、そしてそのための条件闘争。

何せどんな医師でも今や医師は医師。学生達に話したことと皮肉にも重なるが、日本中どこでも働く場所はある。だから自らを省みる必要は無く、三顧の礼で迎えてくれる心地よい場所を探せば良いだけだ。某教授が「的場君、所詮金で来る医者は金で逃げるのだよ」と喝破されたことを思い出す。もちろん全ての医師がそうであるわけではない。幸せな出会いもあった。私はI先生があえて地域の医師不足の病院や施設に「私は代診屋」と称され、「常勤医が確保できて私が不要になったらいつでも言ってください」と、謙虚に、しかし実は高い職業意識をもって医師として働かれていることを心から尊敬する。未熟な私が院長であり、まだまだ課題の多い病院ではあるけれど、そのような思いを持って遠く会津から片道3時間もかけて当院に来ていただけることは、私にとって大いなる励みとなっている。職員も同じ思いであろう。

国境なき医師団が活動する地域は、戦争、飢餓、貧困、感染症の蔓延等、どこも過酷な現場である。それでも医療スタッフがこれだけ多く亡くなったのはエボラ出血熱が初めてではないか。安全な働き場所はいくらでもあるだろうに、とても危険に見合わないような給与で、自ら志願して過酷な現場で命がけで働く医療スタッフの姿は神々しい。それに比べれば私の仕事は、いつ命を落とすか分からないようなウイルスや、どこから飛んでくるか分からない砲弾に怯えながらの仕事ではないのだからたいしたことはない。そんな話を夜の病棟で話したら、国境なき医師団には代わりはいても、先生には代わりはいないのだから、そんなこと言っていないで健康に気をつけてくださいと嗜められた。ありがたいと思う。多くの職員に支えられていると改めて感謝したい。

最近は患者さんたちからも同様のことを言われる事が多くなった(医師としては複雑でもあるが)。そんな患者さんや職員のためにも、我々とともにこの病院で地域医療を担ってくれ、私が信頼して次を託せる若き精神科医と幸せな縁がある日まで、その準備をさらに続けて行きたい。






<お問い合わせ先>
eメール murata@fukuroda-hp.jp
担当 村田