地域活動支援センター メンタルサポートステーションきらり

<概要>

施設の種類 地域活動支援センター 相談支援事業所

 

<職員体制>

施設長 高塩 幸子  
副施設長 吉田 隆宏
精神保健福祉士 1名
指導員 2名

 

<沿革>

2003年(平成15年)  地域生活支援センターとして開設
2006年(平成18年)  地域活動支援センター事業開始 相談支援事業所認可
2012年(平成24年)   指定一般相談支援事業・指定特定相談支援事業・障害児相談支援事業 指定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<施設紹介>

広く地域のみなさまのメンタルヘルス(こころの健康)の向上をとおして、障害の有無にかかわらず、こころ豊かな街づくりをめざしさまざまな活動をしております。
こころの病を持ちながら地域で生活している方の暮らしのサポートやそのご家族の困っていることに対して一緒に考えていくこととともに、地域におけるさまざまなこころの問題に関しても、専門スタッフが信頼関係を築きながら相談をお受けしています。障害福祉サービスを受ける方にはサービス等利用計画作成もおこなっています。

 

プログラム紹介

きらりで実施中のプログラムをご紹介いたします。

ここから体操~心と身体の体操~
約1時間程度の運動プログラムです。
・簡単な筋トレ、ストレッチ
・声を出して、こころと身体をほぐします
・楽しみながら体力アップを図ります


<インストラクター紹介>

石井孝子:これまで老人施設等で、楽しみながらできる運動を提供する活動を実践。
資格:健康運動実践指導者、レクリエーション・インストラクター、ウォーキング指導者。

 



<スタッフ紹介>

施設長 高塩 幸子

この度、メンタルサポートステーション「きらり」の施設長として就任いたしました高塩でございます。
「きらり」は、地域で暮らす心の病をお持ちの方やそのご家族、また、障がいをお持ちでない方も対象とし、精神保健福祉士・相談支援専門員、更に看護師が加わり、地域でより良い生活が送れるようにきめ細かな個別支援や相談を行います。 また、地域で暮らす方々が参加できる余暇活動の計画実施や地域行事へのボランティア活動参加、くつろげる場所の提供など、自然豊かな大子という地域社会に根ざした「きらりと輝く心の相談所」としてスタッフ一同一丸となって力を注いで参りたいと思います。 是非、お気軽にお立ち寄りください。美味しい挽きたての珈琲をご用意してお待ちしております。


副施設長 吉田 隆宏

こんにちは。当法人に入職して十数年となります。法人各部署を経験しておりますので、当法人の機能や特徴を生かした相談対応・支援体制つくりの提供が私の強みです。 こころの病で悩まれているご本人様だけでなく、ご家族様や関係している皆様、何かございましたらお声掛け下さい。相談者様のお力になれるよう努めさせて頂きます。
主な業務 こころの健康に関する相談一般、計画相談業務。
主な公職 関係市町の自立支援協議会委員、関係市町での予約制相談員、こころの健康に関する研修講師等。


指導員・相談支援専門員 藤田 茂美

日常生活での困り事やこころの悩み事をお伺いしたり、グループ活動を通して、地域の中で活き活きと暮らすためのお手伝いをさせていただいています。おひとりおひとりの心に寄り添うことを心がけています。


精神保健福祉士 水柿 朱美

一人ひとり、みんな違った形での「ふつう」の暮らしがあると思います。一人では不安でわからないことでも、誰かと一緒に考えるとヒントが見えてきて解決することがあります。 住み慣れたまちの中で、自分らしく安心して暮らしていけるようにきらりでサポートさせていただきます。


指導員 菊池 裕子

子育てをしながら、きらりでお仕事させていただいています。 地域の皆さまにとって、きらりがホッと安心できる場所になるようにお手伝いしていきます。


<お問い合わせ先>
住所 〒 319-3526 茨城県久慈郡大子町大子841
電話 0295-72-5933
eメール mental-kirari@fukuroda-hp.jp
担当 藤田