就労支援事業所 ‌ミナアミーゴ(多機能型)


<障碍福祉サービスの種類>

① 就労継続支援B型(定員14名)
②就労移行支援(定員6名)
合計 20名


<職員体制>

管理者  藤田 和久
職員   
サービス管理責任者 1名
職業指導員 常勤1名、非常勤1名
生活支援員 常勤1名、非常勤1名
就労支援員 常勤1名
目標工賃達成指導員 非常勤2名


<沿革>

1979年(昭和54年)            袋田病院の裏山で黒毛和牛を地域の畜産農家の方々より指導を受けて1頭 から飼い始める。
1980年代                          粉川克己、前理事長がアミーゴ牧場を患者さんと共に創り、ログハウスで一緒に生活しながら、牧場作業を通じて社会復帰活動を始める。
2005年(平成17年)             ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動支援 ~ 「衰退する地場産業の維持・継承を通じて精神障碍者の社会的自立を支援する事業」を3年実施
2006年(平成18年)            畜産ヘルパー事業を開始し、大子町畜産農業協同組合よりヘルパー委託先 となる。
2007年(平成19年)            耕作放棄地を活用した電気牧柵放牧事業を開始
2009年(平成21年1月)       就労継続支援B型事業を開設(定員20名)
2010年(平成22年2月)       自立訓練(生活訓練)事業所 「ここあ」を併設
2010年(平成22年8月)       目標工賃達成加算 認可
                                         自然農法部門を開設
2011年(平成23年1月)       目標工賃達成指導員加算 認可
2013年(平成25年8月)       自立訓練事業所「ここあ」を統合
2014年(平成26年12月)      認定農業者(26-12号)として大子町より認定を受ける
2015年(平成27年10月)      家畜商として免許登録(第27茨畜1号)
2016年(平成28年1月)        就労移行支援事業所 認可(定員6名)
2017年(平成29年4月)       就労定着支援体制加算・就労支援関係研修修了加算 算定



<施設紹介>

農福連携とソーシャルファームの実践

「牧場部門」の紹介

就労支援事業の作業項目として“黒毛和牛の生産”を行っています。
単に障碍福祉事業所としてだけでなく、大子町で最大規模の牧場(アミーゴ牧場)として大子町の地場産業である黒毛和牛繁殖業の担い手となっています。障碍者が牛を生産する牧場ではありますが、利用者と専門スタッフが協同して、質の高い黒毛和牛の生産を目指して活動しています。
私たちの生産する黒毛和牛の市場価値が高くなることで、精神障碍者に対する地域社会の見方が変わり、より豊かな社会になることを目標にしています。
また、私たちを育てて下さっている大子町の畜産農家の皆さまに対して、少しでもお役に立てればと思い「畜産ヘルパー」と題して活動しております。

 

農家の皆さまのお宅を訪問し、牛の餌をやったり、牛舎の清掃(肥出し作業、草刈りなど)を行ったり、秋になれば稲刈りや牛の飼料づくりのお手伝いを行います。
精神障碍者の方々は、その障碍の特性から地域社会から支えてもらう必要がありますが、畜産ヘルパーとして活動することで、“地域社会を支える存在”になり得ています。
作業工賃は時給350円をお支払いしています。畜産ヘルパーの仕事をした方には茨城県の最低賃金を時給でお支払いしています。決して十分な額ではありませんが、自立へ向けての生活費の足しに少しでもなればと思っております。


ミナアミーゴでは、専門のスタッフと福祉スタッフが協力して、利用者の方々の“働くこと”を支え指導します。
働いて沢山のお金(工賃)を稼ぐことも大事ですが、それぞれの利用者の方々に合った働き方で働く必要があります。様々な利用者の方がおられるため、多様な働き方が提供できるように工夫しています。病気や障碍が安定している方は、自らの自信につながるように積極的に仕事が行えます。一方、働きたい気持ちや思いがありながらも、まだまだ自信がない方であっても、その人がその時点で出来る仕事を見極めて働いてもらい、少しずつ自信を深めてもらえるようにサポートいたします。
大子町は過疎・高齢化が進む町ですが、地場産業である黒毛和牛の生産を通じて、このような町であればこそできる地域社会への参画や貢献をしていくことを目指して活動しています。

 

 




「自然農法部門」の紹介

心の病気で通院治療している方のリハビリテーションや、就労に向けての訓練(社会性、他者とのコミュニケーション、農業技術獲得、工賃収入獲得、時にはアート創作活動)を行っています。


【特徴1「自然農法」】
当部門では圃場栽培期間中に農薬や肥料を一切使わずに、自然の力「おひさまの光」「大地の力」「雨水の恵み」と、人間が草取りなどをして野菜を育てます。食べていただく人はもちろん、作り手の安心と安全を考えてこの農法を選びました。収穫した野菜は、『ここあ農園の野菜』として地域の直売所や当院食材、当院受付横で販売しています。
人も野菜も本来持っている力があります。「それぞれに合った支え方」でその力を引き出すと、成長できるのはどちらも同じではないかと私たちは考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【特徴2「少人数グループ」】
5~7名の小グループで運営していますので、大人数が苦手な方であっても利用が可能です。少しずつステップアップしていける場であるので安心して利用していただけます。

 

【目標】
農業者の高齢化が進み、耕作されない農地が広がりつつある地域の農業に、障碍のある人たちが積極的に関わり、質の高い商品を生み出していきます。社会的に援助される立場から地域を支える存在になっていけることを目指して、「耕作放棄地」(数年間耕作されていないため荒れてしまった農地)を再開墾して活動しています。


<スタッフ紹介>

サービス管理責任者 小林誠

 「わたしは農業や畜産なんてできない。カッコ悪い」などと思っておられる方も多いかと思われます。しかし、人は太古の昔から自然と共に生きてきました。現代社会はテクノロジーの発展によりどんどん自然から離れて行っています。
時代の流れに逆行しているように思われるかもしれませんが、私たちは“畜産・農業”の持つ可能性を最大限に活かして就労支援を実践しております。
農業・畜産というツールを通じて“自然”の中に身をおくことで癒され、忘れ去られていたチカラが目覚め、自らの望む生活や一般就労につながっていくと信じて活動をしております。


牧場部門 精神保健福祉士 秋本真一

こんにちは、MINA AMIGOの秋本です。以前はガス機器の工場で部品の製造・販売の仕事をしていましたが、福祉の仕事に興味をもち資格をとってまずは高齢福祉の仕事につきました。福祉の仕事を続けるうちに障碍分野にも興味持ち、当事業所にご縁をいただき勤務させていただいております。 大子町の地場産業である畜産作業を通所されるメンバー様達と一緒に行いながら、作業を通じてご自身の生活と就労に必要なスキルを身につけながら、地元を中心としての就労を目指せるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。


牧場部門 支援員 家畜人工授精師 松尾誠志

MINA AMIGO 牧場部門担当の松尾です。2014年(H26年)4月より、この事業所で働かせて頂いてます。利用者さん達と牧場を盛り上げたり、就労の手助けや、また自分の持つ知識や技術が役に立てたらと思い九州から来ました。
私たちは牛の餌やり・肥出し(糞だし)・餌作りなどを通じて農業・労働経験をして頂いたり、皆さんとミーティング・作業(牛作業や掃除・牛および牛舎チェックなど)・食事・買い物を行いコミュニケーションの練習、生活・就労訓練もしております(体力作りも兼ねてます)。
話は変わりますが牛の出産もあり命の尊さ、神秘性も肌で感じられると思います。
利用者の皆さんと苦楽を共にしてアミーゴ牧場での牛作りは大変ですが楽しいです。今後も利用者さん達と牧場を盛り上げていきます。


自然農法部門 精神保健福祉士 関谷好久

こんにちは。MINA AMIGO 自然農法部門担当の関谷です。  この部門では、農業・木工・調理・アートなどの作業を通したリハビリで、少しずつ体力をつけながらコミュニケーションも練習します。一人ひとりのペースを大切にしながら。 植物の生長(種まきから収穫まで)に関わることは自然や生命に触れること。そのリアルな体験は、本来持っている「その人らしさ」を引き出していくように思います。 人が変化していく過程に立ち会えること、そして、変化に関わっている自分も変化して成長していること。これを感じることができるのが、この仕事の醍醐味だと思います。  そして、みんなで楽しい農業をすることも!!

<お問い合わせ先>
住所 〒319-3521 茨城県久慈郡大子町北田気1142-4

牧場部門
電話 0295-72-4109
eメール mina-amigo@fukuroda-hp.jp
担当 秋本(精神保健福祉士)

自然農法部門
電話 090-4370-0831
eメール shizen-noho@fukuroda-hp.jp
担当 関谷(精神保健福祉士)