アミーゴ荘

アミーゴ荘で専門職および生活支援員として職員を複数名募集することといたしました。

1.アミーゴ荘 精神保健福祉士・社会福祉士(専門職)

(業務内容や職場の状況)

精神障がい者の方々の社会的自立に向けた支援を行います。その人が病気や障がいを持ちながらも、出来る限りその人らしい人生が送れるような支援を行っていくことがアミーゴ荘として大切にしているところです。面接、面談、ミーティング、プログラムを介して利用者さんへの支援を行うことをベースに、障害福祉サービス事業所でありますのでサービス管理責任者と共に個別支援計画を作成して支援にあたります。

専門職として利用者さんの生活の全般に関わるため、良いことも悪いことも互いに共有するので信頼関係が深まると同時に、スタッフもひとりの人間としての成長を得ていく機会が沢山あります。実際、スタッフの中には〝人間的〟にも“専門職”としても成長をしてステップアップしていく者もおりました。

一緒に働く同僚には、経験豊富な精神保健福祉士・社会福祉士(以下、専門職)をはじめ、まだ大学を卒業して間もない専門職スタッフがおりますが、業務に関しては現在、業務マニュアルを順次作成していることや、先輩の専門職が丁寧に教えて差し上げることが出来るので馴染みやすいことと思います。

そして、アミーゴ牧場と題して“農業”を取り入れて活動をしている関係上、福祉職以外のスタッフと共に仕事をする機会が多いため、最初は驚いたり不思議に思うこともあるかもしれませんが、福祉職として他の事業所では経験しない業務を行ったりするので退屈せず、楽しんで仕事をしてくれているスタッフもいます。

また、入所型の事業所ですので、〝宿直業務〟が月に3~4日程度あり、負担に感じる方もおられると思いますが、利用者さんの1日を通した生活に無理なく関われる機会であり、日中の関わりだけでは信頼関係も深めることが出来るため、やりがいのある仕事であると思います。

学び多き職場であると思います。ご一緒に働いていただける専門職の方をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

 

(採用条件)

精神保健福祉士/社会福祉士

 

2.アミーゴ荘  生活支援員

(業務内容や職場の状況)

入所型事業所、通所型事業所を利用する主に精神障がい者の方々に対して、生活支援や指導を専門職と共に行います。利用者さんの日常生活がスムースにおくれるように支援することと、事業所を退所して一般の社会生活をその人に合ったサポートを受けながらも自立した生活をおくっていけるように支援することが主な仕事です。

具体的には、当事業所の特徴として、和牛飼育(農業)や創作活動(アート制作)を通じてのプログラムを展開しているため、利用者と一緒に作業を行ってもらえる人材を広く求めています。

そして利用者さんと一緒に買い物に行き生活を営んでいく上で好ましい買い物の在り方を一緒に体験してもらって指導したり、お掃除の方法などを無理なく憶えてもらうような指導を専門職と共に行います。パソコンを使用した事務業務も担っていただくこととなります。

また、入所型の事業所ですので、〝宿直業務〟が月に3~4日程度あり、負担に感じる方もおられると思いますが、利用者さんの1日を通した生活に無理なく関われるため、信頼関係も深めることが出来るため、やりがいのある仕事であると思います。

この春に利用者さんと共に、古くから活動を担ってきてくれたスタッフが惜しまれつつ退職致しました。コロナ禍であるため採用がなかなか進んでおりませんでしたが、心機一転スタッフを募集することといたしました。

学び多き職場であると思います。ご一緒に働いていただける方をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

(採用条件)https://www.fukuroda-hp.jp/recruitment/recruit11/

 

 

 

アミーゴ荘  施設長  小林 誠