作業療法

<作業療法(OT)とは?>

Occupational Therapyを日本語訳したものが「作業療法」であり、その英語の頭文字から「OT」と略されます。
作業療法はリハビリテーションのひとつです。
作業療法では作業活動やそれを行う場(集団)を通してひとが受動的から能動的へ、否定的から肯定的へ、模倣的から創造的へと変われるよう、より良い生活を営め、人生を歩めるようリハビリテーションを行います。
作業活動には、整容行為や調理といった実際の生活に直結したものや、無理なく生活するための趣味や休息に関するものなど、生きていくため、生活していくための活動のすべてを含みます。そのため、作業療法における様々な活動を行うことや、その活動を振り返ることで自身の課題を解決したり、新たな気づきを得たりします。
障害の軽減だけでなく、まだ生かされていない可能性としての能力を発見し、これからの生活や人生をより良くすることが作業療法の目的となります。


<作業療法を受けるまでの流れ>

①医師との診察
  ↓
②作業療法処方
  ↓
③作業療法士との面接
  ↓
④参加プログラム(作業内容)の決定
  ↓
⑤参加開始



<職員体制>

作業療法士 1名
作業療法アシスタント 2名(内1名非常勤)
時間 午前10:00~12:00、午後1:30~3:30
場所 新棟3階 OT室 

*プログラムの内容により場所は変更する場合があります。


<求人>



<ブログ>



プログラム紹介

当院での作業療法では様々な作業活動を提供しています。いくつかをご紹介いたします。

余暇(ヨカ)
趣味活動を行うプログラムです。手工芸や絵画など、その人の趣味を行えます。趣味がない、見つからない方には、新たな趣味の獲得ができる場としてもご利用いただけます。


運動
軽スポーツや体操などを行うプログラムです。屋内での卓球や、作業療法士が指導するストレッチなどを行います。


造形教室
絵画や木工など、造形活動を行うプログラムです。個人での制作はもちろん、集団での大きなパネルアートも行います。

<ステンシルにチャレンジ!!>


ドライブ
町内に限らず、近隣の町へドライブに行くプログラムです。道の駅巡りや観光など、入院中の気分転換にもご利用いただけます。

<紅葉の散策>


寄合(ヨリアイ)
高齢の方限定の体操やレクリエーションを行うプログラムです。心身の機能低下予防を目的にゲームや映画鑑賞なども行います。

<アサガオの苗の植え替え>


外来OT
外来通院中の方の生活の安定や楽しむ時間を目的としたプログラムです。最近は調理を中心に行っています。入院中の方でも、退院後の生活を視野にご利用いただけます。

<天ぷら定食>


ふれあい
農作業を行うプログラムです。病院の敷地内にある畑での野菜の栽培を主に行っています。木工作業にてテーブルなどを手作りすることもあります。

<茶摘み>


統合医療プログラム
多様な治療、アプローチを体験できるプログラムです。現在はヨガ、アーユルヴェーダの複合プログラムを行っています。通院の方もご利用いただけます。

<外ヨガ>


<スタッフ紹介>

作業療法課 課長 益子卓(マシコ タカシ)

当院での作業療法は、「その人らしく、その人のために」を大切にしています。 日常生活に直接関係のある作業や、趣味活動やレクリエーションなどを通して、問題や課題を解決します。病気や障害によって低下してしまった集中力や基礎能力を戻すことや、新たに獲得すること。溜まってしまったストレスを発散し、今後溜まり過ぎない方法を習得すること。大小様々な悩みや不安を解決し、そして自分の力で解決ができるようになることが私たちと皆さんとの共通の目標となります。 私たち作業療法士が皆さんのサポーターとして、皆さんの心(heart,mind)や生活の質(QOL : Quality of life)が豊かなものとなり、皆さん自身がより良い生活や人生を歩めるよう、一緒にリハビリテーションが行っていければと思っています。


作業療法士 藤田 和子(フジタ カズコ)

2018年5月1日より作業療法課に入職した藤田です。
これまでは高齢者を対象とした病院や施設でのリハビリテーションに携わってきました。こうした経験も活かしながら袋田病院での作業療法に従事していきたいと思います。
そして、大子の自然に囲まれた環境の中、様々な活動を通して心身機能の維持や向上を図り、一人一人が持つ力を発揮でき、不便や不安を軽減し、その人らしく安心して心地よく生活できるよう、時に一緒に作業をし、時に見守り、寄り添いながら作業療法を行っていきたいと思っています。
よろしくお願い致します。


<お問い合わせ先>
eメール ot@fukuroda-hp.jp
担当 益子