Initial Visit 診療のご案内 入院診療

入院診療

病室

病室は、患者様の状態に合わせユニットごとに区分されています。

  • ※ストレスケアユニットの個室はバス・トイレ付で1室はキッチン付の特別室となっています。
  • ※新病棟では、希望に応じてテレビの貸出し、個室については冷蔵庫の貸出しを行っています。
急性期 10床 6室
ストレスケア 10床 6室
慢性期 28床 0室
合併症 6床 2室
保護室 6床 6室
慢性期 60床 3室

日用品

入院に必要な日用品は、外出・買い物時または購入伝票でご購入いただけます。

伝票購入は個人管理により購入した額を月まとめて窓口・銀行振込でお預かりいたしております。保証金はお預かりしておりません。

貴重品は、鍵のかかる個人ロッカーで管理していただきます。

面会

AM10:00~PM5:00までの間にお願いいたします。

新病棟施設紹介

ストレスケアユニット

社会生活や人間関係の中で様々のストレスや葛藤を抱え、こころや身体の調子を崩された方々に対し、日常生活を離れ、ゆっくりと静養し回復してゆく時間を提供する空間です。

急性期ユニット

精神症状や薬物の副作用によって日常生活を保つことが困難な方々が、積極的に治療、看護を受けながら正常な日常生活を取り戻す空間です。

慢性期ユニット

症状としては安定期にあり、中長期の療養を要する方々が、リハビリや各支援スタッフのサポートを通し、家族や周囲との関係を修復し、退院や社会参加への機会を構築していく空間です。

保護室ユニット

過度の精神興奮、自殺念慮の強い方や周囲の刺激を過敏に感じるため静穏を求める方が利用する空間です。

合併症病室ユニット

身体症状を合併されている方を、ナースステーションの近くで充分な治療、看護を提供する空間です。

療養病棟施設紹介

  • 定数60床 Fユニット(閉鎖・男女混合)29床 Gユニット(男子開放)31床
  • 看護師7(P:1)名、准看護師16(P:5)名、看護補助者6(P:2)名、高看学生1名 P=パート

療養棟には開院当初の1977年(昭和52年)から入院されている方もおり、平均在院日数、平均年齢共に高くなっています。高齢の患者さんが多く、廃用症候群や、それに伴う誤嚥性肺炎が多くなっています。そのため、少しでも患者さんの廃用を防ごうと、高齢者向けのリハビリを週2回行っています。これにより、患者さんはもちろん、介護の負担が減ることでスタッフにもメリットが生まれています。

病棟では、多職種によるカンファレンスを定期的に行っています。ケースカンファレンスの他に、病棟のあり方や問題点などについても話し合いの時間を持つようにしています。その中で、以前から問題になっている長期の入院患者さんをどうしていくかとの話がでました。家族が高齢であったり、亡くなっていたり、退院できる受け皿もまだまだ少なく、入院生活が長期化しています。それでもなんとか退院してもらいたいと思っていましたが、 患者さんと話をしていると、 “それ(退院)”だけが患者さんの幸せではないことに気がつきました。

「このまま病院にいさせてちょうでぇ」

「死ぬまで病院にいさせてね」

という患者さんが少なくありませんでした。 病院で最後を迎えたいと心から願っている方もいたのです。長く入院生活をされている患者さんにとって、病院は “生活の場”です。より良い病棟生活ができるよう支援していきたいと思っています。また、けっして退院ということを等閑にするのではなく、社会に興味をもっていただけるようなアプローチを繰り返し、退院に向けた支援も並行して行っていきたいと思います。